このブログでは、いろんなジャンルの情報を掲載しております。 貴方様に必要な情報が有りましたら、是非参考にして下さいね♪
☆総合情報集☆
Powerd by: affilitool.com
URL:
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
トップの迷い、悩みを解決!経営実戦道場・渡辺塾にようこそ・・・
2007-02-19-Mon  CATEGORY: 未分類
貴方様にとって有益な優良情報をお届け致します。
トップの迷い、悩みを解決!経営実戦道場・渡辺塾にようこそ・・・
みを解決!経営実戦道場・渡辺塾にようこそ・・・
価格 1,260 円
現役の経営者(経営歴20年)であり、コンサルタントである渡辺孝雄が本音で経営を語る。
経営者が陥りやすい迷い、悩みについて自らの経験から解決に向けた糸口を紹介します。
全て、実際に直面した経営課題であり、“どう考えるべきか?”そして“どう行動すべきか?”を丁寧に解説しました。(全12回)

サンプル
~業績の達成~

 世の中の企業の70%は赤字と言われています。赤字ということは目標の売上や利益が達成出来なかったということです。

・「ウチの会社はいつも目標の数字に対して達成出来ないんだよ!営業の連中はそれで何とも思わない。むしろ当然だといわんばかりの顔をしているんだ!」


・「目標はあくまでも目標だから、結果的に赤字にならなければいいんだよ。そのためにも高い目標を設定する必要がある」


・「売上達成が出来ないのは営業マンがたるんでいるからなんだよ。もっ真剣にやってもらわなくては困る。とにかく訪問軒数を増やしてもらわなくては・・・」

このような経営者の嘆きはよく聞くものです。そして、その対策として手を打つのですが、おおよそこんな具合です。


(1)営業の基本を再度身に付けさせる。時間管理や計画づくりを徹底させる。

 
(2)毎日の営業行動を厳しくチェックする。(目標軒数をクリアしてるか)


(3)提案力を一人一人の営業マンに学ばせる。


これらはほとんどを営業マンに原因を置き、その一人一人の能力や姿勢にメスを入れようとするものです。決して間違っていません。しかし、大きな問題、つまり、いつも目標が達成出来ないのは他にあるのです。

私はこのことを気付くのに相当な時間を要しました。

こんな会社があります。いつも目標をオーバーしている会社です。その社長の言葉を紹介します。

・「ウチはまったくの素人が入社しても、3ヵ月もあればすぐに目標を達成出来るよ!」


・「同業他社の3倍は目標達成出来るだけの仕組みや仕掛けを持っているので、一人一人の営業マンの実力に頼ることはないんだ」


・「いつでも有能な営業マンが辞めても大丈夫。その前に有能な営業マンなんかウチに入る訳もないしね・・」


この会社は売れる仕組みと仕掛けを持っているのです。売れる仕組みとは、マーケティング戦略のノウハウです。商圏の分析や商品政策、価格政策、そして流通政策です。どの商圏のどのような消費者層(客層)にどんな商品を用意するかが商品政策です。価格政策とはその客層と商品に合わせたバリエーションと支払い方法の独自提案です。そして、流通政策とは、配送もそうですが、材料の調達方法において効率とコストのことを指してます。この面から独自にルートを開発していて、在庫管理もオンデマンドで出来るようにしている。そこに仕掛けを加え、必然的に見込み客が表面化するようにしているという訳です。


 この仕掛けとは、販売促進の手法を指しています。一人一人のマンパワーに頼らない組織的、計画的なPRや広告、そして販促のキャンペーン、イベント等の手法です。この仕掛けで見込み客を発掘し、営業マンにどんどん割り当てているんですね。ですから営業マンの仕事は、提案とクロージング(契約)、そして、フォロー業務になります。このフォロー業務もマンパワーに頼らず組織的に仕組みとしてやろうとしています。


 業績が上がらないのは会社のマーケティング力のなさ。組織が持っている売れるしくみと仕掛けの無さなんですね。間違っても一人一人の営業マンの努力不足ではないのです。その人たちの力量を問い正すことではないし、いくら研修しても能力開発は向上するが一向に売上は上がらない、なんて結果はよくあるケースなのです。

一人一人の営業行動までメスを入れ、毎日のように叱責を繰り返し、トコトンやる気を失わせ、最悪退職に追い込んだり、精神的なプレッシャーだけを与え続けているのはトップをはじめ、幹部の自己満足以外の何者でもないのです。そして、もっと言えば責任転嫁です。


会社独自のノウハウを着実に積み上げ、売れる仕組みと仕掛けを作り続けるのはトップと幹部の仕事なんですね。言い換えれば、ビジネスモデルやビジネスプロセスの革新(イノベーション)です。このことを私も経営者の一人として肝に銘じていますし、そうならないとジリ貧経営になると確信しています。






プロフィール
大学を卒業後、食品機械開発メーカーに就職する。その後出版社を経験し独立。29才で起業し、35才までに3社を創業。1人で創業してから今日、20年を経て60人の社員、年商2000万円でスタートした規模も現在では10数億円に成長した。地域no1企業を目指し、事業の独自性を最大の武器に常にイノベーションを繰り返す。現在、各方面のコンサルティング活動を行う傍ら、国立大学で「実践企業人材論」の講義を行う。

渡辺孝雄の無料メルマガ
「実戦経営日誌」
-渡辺孝雄の経営教訓と成長への道のり

実戦経営日誌29才で独立。3社の企業を立ち上げ今日まで20年間経営してきた中で体験した危機、そして苦悩を1つ1つケーススタディーとしてまとめ上げた実録教訓集。成功したケース、失敗したケースを振り返り、1つの実践的ノウハウとしてきた。
購読お申し込みはこちら

「社員への手紙」
-経営者が11年間書き続けた心に灯す言葉

社員への手紙毎月、給与袋にその時の社長の想いを社員に託す。たった1枚の手紙ではあるが語り続けた実録を紹介。心と心をつなぐラポールメッセージを公開します。トップのコミュニケーション術として是非、参考に!!
購読お申し込みはこちら



下記のリンクでさらに詳しい情報が見られます。

もっと詳しく


スポンサーサイト
ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL


余白 Copyright © 2005 ☆総合情報集☆. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。